HOME
少林寺拳法とは
支部長ご挨拶
練習場所・時間
県内支部のご案内
年間予定
過去の大会の記録
リンク集

あなたは

人目のお客様です.
少林寺拳法花巻南支部へようこそ
お問い合わせ

 練習の見学、および入門に関してのお問い
合わせは下記にお願いいたします。
  0198−23−6836  (佐藤)
  0198−23−6788  (田村)

最終更新日

平成24年1月2日

 少林寺拳法花巻南支部にようこそおいで下さいました。    
少林寺拳法は1947年に少林寺拳法創始者 宗道臣によって創始されましたが、現在では登録会員150万人、世界31ヵ国(2006年9月現在)に支部を置くまでになり、日本の少林寺拳法から世界の少林寺拳法へと発展し続けています。
 このように少林寺拳法は大勢の拳士達が所属する武道ですが、ここ岩手ではまだまだ名前を知らない方も多いかもしれません。
「どんな武道なの?」という質問がありそうですね。

 少林寺拳法の特徴の1つは、「剛柔一体」です。突き、蹴り、打ち、切り、かわしなどの剛法と、守法、抜き、逆技などの柔法があり、剛法と柔法はそれぞれの要素を発揮しつつ、補足しあって更に効果を生むという構成になっています。
 また、人づくりのための“行”であるということも少林寺拳法の特徴の1つです。少林寺拳法はただ勝ち負けを目的とはしていません。技を通して、自信と勇気と行動力を身につけ、慈悲心と正義感を持った、本当に強い人間を育てることを目的としています。

お問い合せ